罪悪感って、、おいしいの?

こんばんは。

次から次に仕事をオフしてるニートまっしぐらな女です。

 

断るってすげーこわい。

受けるのも怖いけど、断るってすげー怖いのお

 

 

上半身が荒れて荒れたままなので家で引きこもりたいなと思っていたが、

大丈夫大丈夫おいでおいでっていう人たちももちろんいて。

 

お仕事でね。

 

最初は行こうとしてたんだけど、

もうあれですね、

断りたいがために体が体張ってくれているのか、

腰痛が出てきた始末。

 

会社員時代に発生したぎっくり腰が、ちくちくとカムバックしてきてました。

 

、、、体が体張ってくれて、、、

 

 

さすがに上半身の荒れと腰痛のダブルパンチが辛かったので、

久々に鍼灸に行きました。

もう3ヶ月の3倍くらい?行ってなかった。

 

 

診察始まって初っ端に先生、

「あれー、なんか、罪悪感で満たされてる気の流れー」

 

 

 

えええええ!!

 

 

 

って驚いちゃって。

 

 

 

ほよおよよよ!!

 

 

たまげて。

 

 

 

思わず先生に言いました。

 

「私、少し前から自分に素直に正直に生きようと思って。

嫌われたくない一心で今まで生きてきたから、

実践というか訓練というか、試行錯誤なんす。

仕事も飛んでったり断ったりしまくってます」

 

 

 

先生

「なるほどねーいいことだよ。

だから去年よりも変なむくみ太りがなくなったのかな。

素直に生きるプラス、罪悪感を抱かないよう、

自分を責めないことを心がけるといいかもねー」

 

 

 

、、、先生ありがとうございます。

 

 

 

最近まわりからの応援が、すごい嬉しくて。

 

 

逆に

引き戻そうとしてくれる人

そんなのおまえじゃないという人

甘えるなという人

 

 

ほんの数人からの言葉がすごい大きく感じられたりしてて

 

まだ全てに許容はできないけど。

 

 

 

先生、ありがとう。

 

 

 

そんでその日の夜、

勇気を振り絞ってお仕事お断りしました。

ごめんなさい。

 

 

 

断った時先方のおじさんが言ってくれた言葉が

「体第一なんだからあなたが決めればいいのよ。

来たくなったらいつでもおいで。座ってるだけでもいい。

あなたは平均年齢を下げてくれるアイドルなんだから」

 

 

 

 

、、、くー。

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

言い聞かせてたけど、

世界も人も

思ってるより優しいんだ。

 

ね。

 

 

 

 

 

一個気付いたんだけど、

 

私が誰よりも、

今の仕事に対してバツをつけていた。

ということ。

 

好きなこと、尊いこと、

と言い聞かせてたけど

今までバツをつけてつけて抵抗してた

 

と、ふと思ったんです。

 

 

トイレで。

 

 

ちょっとだけ、ごめんね、と

何かに対して謝りそうだったけど

 

でも好きは好きだったのも事実だから

 

 

生きててよかった

 

頑張ってきてよかった

 

って、思えたこともいっぱいあったから

 

 

 

ごめん、じゃなくて、ありがとう、ですな。

 

 

 

 

少しずつ少しずつ!

そんな自分を、褒めた日でした。

 

 

 

ぴぴぴ