四葉のクローバー

こんばんは。

 

本日の東京はめちゃくそいい天気でしたね。

今日の仕事場はいつも風が吹き荒れてて、

強風で髪も気持ちも乱れたりしてよくイラついてましたが、

天気の良さがそんなことも掻き消してくれるものです。

 

 

本日あったほっこり話を一つ。

 

 

昨日というか今朝というか、

うぴのはてなブログ初めての投稿でしたが、

今日の仕事が早朝出勤だったので、

早く起きなくてはいけないとわかっていました。

 

でもどうしても投稿したくて。

書ききって、寝て、すぐアラーム鳴って。

 

とても眠い。本当に眠い。

ただでさえ1日中寝ていたい性格なのに、

ひたすら眠い。

 

早朝といっても始発電車は出ている時間。

 

家から目的地までタクシーで3000円くらい。

電車だと500円くらい。

 

意地でも電車だらぁ!と思ってたけど、

眠すぎて諦めました。

諦める時は早いです。

 

 

家を出たら、まあ天気の良いこと。

気分よくなって開き直って、

大通りまでゆっくり歩き、タクシー乗車。

 

 

目を閉じて寝かけるけど寝れないの繰り返しの最中、

タクシーの運転手さんが突然、

 

 

「お客さん、四葉のクローバー、差し上げます」

 

 

、、、四葉のクローバー?

 

 

渡された物は、四葉のクローバーと小さなお花、

手書きの文字が入った手作りの栞でした。

 

 

最初は、「あら素敵。四葉のクローバーとか懐かしいな」くらいな気持ち。

 

 

運転手さんの話によると、

奥様が昔から四葉のクローバーを見つけるのが得意だと。

 

公園でも道端でも、

クローバーがあると必ず四葉を何本か見つけるんですって。

 

 

まじかよすげーなと普通に思ってたら、

さらに奥様は探す時、

 

 

三つ葉のクローバーさん!

いつも四葉のクローバーさんたちを隠して守ってくれてありがとう!

四葉のクローバーさん出ておいで!

虫さんたち、三つ葉さんのことも四葉さんのことも食べ過ぎないであげてね!

 

 

って。

いつも言うんですって。

 

そしていつも何本か四葉のクローバーを見つけ出すんですって。

 

 

それで毎朝旦那さんが出勤する時、

「今日のお客さんにプレゼントする分ね!」

と、奥様手作りの栞をくれるんですって。

 

 

、、、ほっこりどころじゃない!奥様すごすぎ!素敵すぎ!

 

 

驚きと感動でした。

 

 

昔の私だったら、

すごいねー、んー、、大丈夫かな?

と思っていたかもしれない。

 

変な目で見て、

栞を素直な気持ちで受け取れなかったかもしれない。

 

クズだなあ。

それはそれとして、

想像した「昔の自分だったら」も認めます。

 

 

ただ、今日、その時私が感じたのは、

 

純粋に素敵だなと思い、感動して、心がじんわりして。

奥様と旦那さんの愛を感じて、嬉しくなった。

 

 

私はその時、そう思いました。

 

あなたは今、どう思いましたか?

 

 

 

そりゃあね、

 

本当に二人は仲が良いのか、

実は仲が悪かったりなにか悩みがあるかもしれんけど。

 

私は私で

そのお二人じゃないから知りません!

 

 

それはそれで、認めて。

 

 

 

大事なのは、

私はどう感じた?

 

それが大事なんだけど、すぐに忘れてしまうから。

 

訓練中なのです。

 

 

 

そんなこんなで、時間ぴったりに目的地到着。

 

、、、自腹でタクシーとかバカやん!もったいない!

 

 

と、思うか。

それはそれでアリ。

 

 

私の場合は、

 

「タクシーにしたらまったりできてほっこりしてなんかラッキーやな!」

 

嬉しかったし、運転手さんと奥様に感謝した。

 

 

っていうお話でした。

 

 

 

ありがとうございまぁす!

 

 

 

 

 

うぴ