補足でーつ

さっきの投稿の自分なりの補足。

 

 

そうなんですよね、

私がわたしを認めて、許容して、オールオッケーできてる時は、

素直に「自分」を発信できる。

 

私が心屋さん的後者として認めることができてて、

そんな自分でも大丈夫だなーって思てて、

だからこそ自分にブレがなくなって「自分」を発信できて、

だからホッとする。

 

そのクレバーな担当者から、簡単に言ってしまうともっと手伝ってほしいと希望がきたんですね。

その時少し、「その気持ちわかるよ。だって人手不足だもんね。大変だよね。わかる。辛いよね。手伝いたくなってくるやーん」って思いました。正直。

 

そっちの方が、相手は嬉しいし、私はお金が増えるし。

 

それが心からの「わたし」だったら全然いい。

でも私の場合はそうじゃなかっただけで。側から見ればなんてひどい人!って思われるかもしれないけど、「わたし」が欲していることではなかったから。ね。

「わたし」がホッとすることが大事、ってすごい実感できた出来事でした。

 

 

そーソーリー!

 

でも私の希望を聞いてくれてさんきゅーでーす!と思うこともできました。

 

 

やっぱ、心がホッとしてると、ぽろっと素直に

 

「ありがとう!みんなありがとう!人間に生まれてよかったー!女に生まれて、よかったー!」

 

ってホント自然に出てくる。

不思議なものねー。

 

 

「わたし」を見

「わたし」を認め

「わたし」喜ぶ

 

んー、たいした感動がない語呂やな。

 

 

 

ふと思い出した。

「Whatever works」!!

 

 

ぴぴぴ

頭が飛んでも、仕事がポシャっても。

こんにちは。

明日からGW!というか連休!

しかし、だらけきったうっぴにとっては連休もGWも変わらない!はい!

 

 

仕事でのお話。

取引先の担当の方が、若くて、真面目で、クレバー。な話し方でして。

 

すごいですねー

かっこいいですねー

 

私、どどどどどっとクレバーな感じで話されると、思考停止するんですよね。

いや、相手にクレバー風味がないとしても、普通のゆったりした説明受けるだけでも頭が追いつかなくなって、気付いたら意識飛ぶことが多いです。

理解が遅くて、何度も質問します。

 

たぶんだけど、心屋さん的後者ってやつですね。

※気になる人はググれ!

 

そのクレバー風味な担当者から説明受けた後、

 

「あー、気付いたら頭飛んでるやつ、思い返すと今までたくさんあったなー。いっぺんに話されて気付いたら話終わってるパターン。懐かしいなー。新社会人の頃はこれに悩ませれてたなー、それでよく怒られてたなー、怒られ役だったなー、だから前者アプリ搭載しなきゃって焦ったんだなー、なついなー!」

 

と、懐かしめるほどになってきました。

 

少し前の私だったなら、飛んで理解不十分な自分に焦って落ち込んで、全部相手の希望飲み込んで、ハイ!って言ってました。まじっすゲキまじ。

 

今の私は、理解不十分な箇所は質問して、スケジュールも相手の希望は聞くけどきちんと自分の希望や都合を言えてきている。

すごいぞ自分!えらいぞ私!って褒めまくる。

 

 

焦らず「わたし」を言えると、すごい心がホッとするのを実感できる。うふふ

 

 

それで相手がどう思うかな、嫌われるかな、ポシャるかな、、、不安だからやっぱ相手をたてて従おうかな、、、

 

なんて思考は3秒くらい出てきた気がしたけど、どっかいっとけとほっぽった。

特に不安や恐怖を感じなかったからねー。

「合わなかったらポシャっていいんで!」って言っても、私がわたしを見ている間は、怖くないし、ホッとするんですね。

 

仕事ポシャってパンツミー

ポシャってないけどパンツミー

 

 

自分にフォーカスって、本当に大事で、尊いです。

訓練訓練!

癖付け癖付け!

 

だらけきった私も、これはがんばりたいんだなー!

 

 

 

うっぴぴぴ

そーりー

連投しますがパンツミー。

 

昨日はげてたまつ毛を普段より1ミリアップで装着し、

そして数年ぶりに髪を染め、一時はとても気分がよかったんですね。

うっぴっぴーって。

 

 

そしたらねー、

おまえに足りないのは感情をさらけ出すことー!

何をそんなに大事にしまいこんでるんだてめー!

そんなんじゃ飛べねーぞ豚ー!

 

的なことを言われたわけじゃないですが、

とあるブログを読んでたらそんなことを言われた感じになり。

 

そう、自分で勝手に思ってるだけなんすけどね。

勝手にね。勝手よね。

 

それで自分の痛いとこ突かれた!ってパンツミー忘れて悶々してたんです。

阿呆らしいねー。

 

悶々しながら歩いてたら、

f:id:upiuppi:20170502024351j:plain

 

ソーリーだとよ。

 

笑っちゃって悔しくて撮影しました。

 

時空歪ませて誰かが謝りにきてくれたと勝手に思うことにその時しました。

そう、勝手にね。勝手に。勝手よね。人間って勝手よ。

 

 

私がわたしを見ている時

わたしが楽しいと感じている時

ほっとしている時

 

何が起きてもパンツミーでハッピーなんですね。

 

 

私は自分の欲するものだけを見たい!

誰と何をしようと、自分の欲するものだけを見て経験するのだ!

 

 

訓練中でもパンツミー

ソーリーソーリーパンツミー

 

 

うっぴ

そんなことよりパンツミー

こんにちは!

GWは明日まで働いて、激混みの奈良で山登りします。

楽しみだったり、得意の面倒くさがりが出てちょっとげんなりしたり。

どんだけ面倒くさがりなんだよとさらにげんなりする時もありますが。

 

仕事以外の遠出とか、そもそも旅行とかめっちゃ久々。

まぁ楽しみです!

 

 

怒りとネガティブと私。

部屋とワイシャツと私は好き!

 

普段から爆発的に怒ることは少ない私です。

まあ今までは、もちろん抑えていましたね。

怒る人はダメだ。

怒るのはダメだ。

怒るのは損。

怒ると嫌われる。

 

とかとか。

怒る人の顔と声を見聞きするのがすごい嫌いで。

なるべく怒らせないように怒らせないように、慎重に、先回りしていました。

 

それで麻痺しちゃったんですけどね。

 

 

まあそれも落ち着いてきて。

自分がやりたいと思ったらやって、怒られてもいいやと思ったら怒られなかったり、ここで怒るんだ!って思ったりする時もあったり。

ヘラヘラして楽しんでました。

 

最近は環境にも恵まれてたから、無駄な怒りを受けたりはなかったので忘れてたんですが、

いますよねたまに。ひたすら怒りのエネルギーをぶちまける人。

 

数日前の仕事で、業界の中ではなかなかに有名なおじさまがいて。私も見るのは初めてだったんですが。

まあ怒る怒る。しかも一般的に下の立場と言われがちな人たちに怒る怒る。

 

怒ってる姿を冷静に見てると、

「どうして俺様にこんなことを!」

って言葉が必ずついてるように聞こえてきて、不思議なものです。

しかもそのおじさまが自分の息のかかったおばさまスタッフを連れてきていて、そのおばさまもまた、

「本当ですよ!どうしてそうなの!?」

っておじさまが怒る度に面白いくらい乗っかってくんの。

 

ジャイアンスネ夫のコントかと。

 

でもそれを見てて、もちろん嫌な気持ちになりました。

ほぼ理不尽なことばかりだから。

なんでこの人は場の空気を人の気持ちを害することしか言えんのだろ、と。

 

でもふと、

「私も人間だから、場の空気読めよとか思うよねー結局ねー」

「ここまで自分中心で発言できるの、うらやまー」

って思ってて。

 

そしたらきました、底なしの悶々タイム、スタート!

 

あれ?自分にも他人にもなんでもいいじゃんって言ってたのに、結局ダメだしして、

自分に合わないもの足りないもの嫌いだけど羨ましい、、なになに?悶々もんもん

 

って。さっきまでまじくそ悶々タイムでした。

 

食べたいもの作って食べたら、あれなんか思ったのと違う味になったぞ悶々

 

やりたいことがわからなくなったぞ悶々

 

自分は何をやっているのだ悶々

 

感情をもっと出せってなんだよそれ悶々

 

悶々もんもん悶々もんもん、、、、、

 

 

、、、あー!!

ごめん自分!私がわたしのことまったく見てなかったね!

ごめんよお!私がわたしをみないでどうする!

 

思い出しました。

その瞬間から本当に世界が楽しみで溢れたものに見えてくるんですよね。

大袈裟だけど、そんなイメージ。

 

ネガティブ思考に取り付かれたら最後、私がわたしを見てたら始まり。

底なし沼で溺れるのと空を飛ぶのは私の中では紙一重なイメージです。

同じなのに違うし、ベクトルの向きで一瞬で変わるし。

 

 

いやー助かった。

ありがとう!みんなありがとう!人間に生まれてよかった!女に生まれてよかった!

 

ちなみにハッピーベクトルに向けられたきっかけは、パンツミー。

知ってる?パンツミー。

 

ぱんつぱんつパンツミー

家が燃えてもパンツミー

そんなことよりパンツミー

関係あらへんパンツミー

パンツのためなら女房も泣かす

人生かけてパンツミー

 

心理カウンセラー心屋さんのPodcast聴いてたら知りました。

最初はへーってくらいだったんだけど、いざ聴いてみると、

どうしようもなさすぎて、笑っちゃって、もうなんでもいいやと思い始めて。

そうなるとハッピーベクトル突入。そんなことよりパンツミー。

 

無理やりポジティブに変換するより、特に私の場合は言葉通り無理が生じるからね、

そんなことよりパンツミーの方がわらけてその渦に気付いたら入れてる。

 

いい言葉だなあ。

ネガティブなってもパンツミー

お金がなくてもパンツミー

仕事が嫌でもパンツミー

おじさま怒ってもパンツミー

不安があってもパンツミー

 

大事!!

 

 

うぴぴー

無秩序で、無限で、ルールも世間体もなーーーんにもない世界に生きる、自分だったら

何をしたい?

何をして、どう過ごしたい?

自分はどんなことしてる?

 

 

これ、数日前に自分でやってみました。

そしたらもう、楽しくなっちゃってなっちゃって、3時間没頭。

 

翌日仕事で早起き必須だったのを忘れるくらい。

 

やべ!起きる3時間前になってしまった!ひーって寝ようとしても、

もう完全に覚醒。

ギンギンですよ。

 

ひー!起きる2時間前!ひーって寝るの諦めたら小腹が空いて。

大好きな柏餅を食べました。おいしい。あんこうまい。

 

気づいたら予定より1時間遅れのアラームが鳴り響き。

寝落ちってやつ。集合時間ぴったりに着きました。

 

このようにハマると時間が果てしなく過ぎているので、

翌日予定がない場合などがオヌヌメです。

 

 

ホント、没頭するほど楽しいもんですね。

 

何やってもいいんだよねー

秩序もルールもない

限界がない

世間体もない

世の中も、自分も。

 

 

書き出していくうちに、ワクワクが止まらないー!

ぐわーっ!と入り込む感じ。

 

しかも面白いことに、

私は今の仕事を数年前から「やめるやめる病」と言われるほど、

辞めたい!いますぐ辞めたい!もう辞めてやる!

と半分呪い半分持ちネタでよく言ってました。

 

そしたら、今の仕事に関係することでやりたいことが出てきて、苦笑。

「私、それには興味ないの。何が楽しいのかわからないわ?」

とクールに言い切ってた分野。

 

もう

顔から血が出る

嗚呼恥ずかしい

憧れの裏返しかい 

 

そのくせ「それをやる時の一発目はこうでああで〜!」と具体的なイメージが出てきたり。

 

逆に、「昔からずっと憧れてた職業!」と言い続けていたものが、

クソほど微塵も出てこなかったり。

 

とかね。

 

 

あとは、住みたい家のイメージがどんどん出来上がっていくのも気持ち良かった。

ベランダはこうで、お風呂がこうで。あの電飾をつけて。

お天気で青い空と少しの緑、椅子に座ってまどろんでる自分。

壁紙や家具のイメージ、近所の公園から聞こえてくる子供達の遊んでる声、

コーヒーの匂い、猫様が私の腹の上で寝てて、、、キリがございやせん。

住みたい家の想像から、もう自分がそこで暮らしている気分になる。

 

嗚呼楽しい。

これを思い出しただけでむふふニヤニヤできる。

 

 

馬鹿らしくて、愛おしくなるものなんですね。

 

この「もしも」「何したい」は、一度やってみると、笑えるかもね。

 

 

 

 

うーぴ

自分の中で作り上げた既成概念:仕事

自分の中で作り上げた既成概念:お金の続きです。

 

本当に山のように凝り固まった思考ってあるもので、

仕事に対して、去年まで普通・当たり前だと思っていたものを紹介します。

さあ、ご覧あれ! 

 

私はフリーランスゆえ、お呼ばれしない限り仕事なし、お金なし。

お呼ばれしたら、がんばって働いて、言われた通り、反論せず、失敗なく、死ぬまで働こう自分!

 

、、、こっわ!自分まじでこっわ!気持ち悪すぎ!

でも去年の夏頃まで本当に抱いてました。きもちわっるー!

誰が決めたよ。自分だろ。そんなルールございません。

 

そんな気持ちで仕事してたので、そりゃ辛かったです。何も楽しくない。

息詰まったある日ふと、

おいおいこんな仕事スタイルじゃ社員の時と同じやん、って。

 

もともといた会社は小規模でねちねちした会社だったので、もっと広い視野を持ちたい、この仕事も好きだけど他の仕事もつまんでみたい、もっと休んでもっと寝たい、もっと楽しくいろんな人と仕事したい!と思って会社辞めたのにね。

 

自分で自分の首を締めてた。はははー

 

そっから一気に脱力しました。

可能な範囲で自分の好きなように、へらへらきゃっきゃして、ふざけて、たまに怒られて。

相性なんだから、ヘラヘラふざけた私のことが嫌なら切ればいい。

もちろんやるときゃやるよ?たまに電池切れるけどね!

 

ってなスタンスでやり始めたら、すごい楽しくなって。

つらい場面が多い仕事ですが、あーやっぱこの仕事は中毒性があって続けちゃうね!と。

そしたら仕事先も変化してきて。

この人素敵な人だなーって思う方々と出会えるようになって、

その人たちからも、暇なら来なよ!君なら楽しめる案件でしょ!ふざけながらいいもの作ろ!

 

そんなお仕事が本当に増えたんですよね。

まあ、たまーにつらーい逃げたーい仕事、あるけどね!

 

 

わたくし的に、ルールはルールで大事だと思いますし。

概念や、他人の固定観念や、既成概念なんて悪だ!とか思っていませんし。

そんなん何をどう考えるのも捉えるのも、人それぞれだからねぇ。

 

これは私の場合でね、

私の中にへばりついて足を引っ張る固定観念たちを、

一個ずつ見つけては、私の今を邪魔すんな!と、

一個ずつ抹殺して、今までありがちょ!つって、

身軽になろうとしている次第です。

 

いろいろ、十人十色なんですから。

去年脱力し始めてから、十人十色って言葉が自分的ホットワードになってて、

悩んでる友達に「十人十色だからいいじゃん!大丈夫大丈夫!」って言いまくってたら、

「十人十色でいいわけあるかボケ!そんなこと言ってたらどうしようもならんわ!このクソ女!!」

ってクソ怒られました。

 

そんなクソ怒ってた彼女は最近、

「私最近、十人十色がわかってきてさ、、連絡返さない人にもそんなに怒らなくなった、、でもやっぱむかつく死ねばいいのに」

 

と、素敵に成長してました。

 

 

息詰まって身動き取れなくなったら。

肩の力抜いて、自分は何を欲し、どう感じたか。

ネガティブが出てきたら、それは路線変更のサイン。

自分が大事に抱えてる「当たり前」の中には、

さようならしても大丈夫なもの、意外とあるかも。

 

日々、忘れないでいたいものです。

 

 

 

 

 

うっぴっぴー

自分の中で作り上げた既成概念:お金

こんにちは。本日も素敵なお天気で!

 

自分の中に、自分で勝手に作りあげた既成概念、ありませんか?

それを言うなら固定観念かもしれんが。

 

私の中にはたくさんあります。

 

最近気付いたことは、お金。

 

お金とは、悪い、危険、汚いものだと。

もちろんここまで大げさに考えていなかったけど、

極端に言えばそんなキーワード。

 

私はお金を多く求めてはいけない

お金を沢山稼いでるなんて思われたくない

お金を借りるなんて恥ずかしい

お金がない自分が恥ずかしい

 

、、、おいおいって感じです。ばかだねぇ😀

でもそれが当たり前と。不思議なことにね。

なんでそんなにもお金に抵抗があるんだろう?と思ったところ。

 

私の家はずば抜けてお金のない・ある家ではなく、普通の家庭でした。

高校生の時でしょうか。

1日だけ臨時の教科書屋さんがきて、生徒全員教科書を購入する日というものがあり、

すっかりそのことを忘れていた私はお金がなく、後日買うとなると一式揃うのがいつになるかわからない状況で困っていたら、

たまたま多めにお金を持っていた友達が貸してくれたんです。

ありがとう!と本当にごめんね!と、1万ちょいかな、借りました。

帰宅して親に話したところ、

くっっっそ怒られまして。

 

「なんでそんなことするの!?

なんで人様にお金を借りるの!?

まだ子供なのに人に借りるとか、しかもそんな大金、絶対ダメ!

いつかお金の切れ目が縁の切れ目と嫌でも思い知る時がくるんだから!」

 

などなど。

思い返すと親の発言もなかなですね。

親には親の固定観念があるからね。

 

そっからかな、お金を借りたらいけない、お金は危険なもの、お金は悪いもの、

そんなイメージを今まで大事に抱えてました。

それが当たり前で、絶対だと。

 

でもそんなこと、誰が決めた?

自分ですね。自分で選んでますから。自分でお金を悪いもの扱い。

 

そりゃあ、、、お金、入りませんな。

自分で抵抗して、跳ね除けてるからねえ。

まだ少しの抵抗は残っているけれど、少しずつ、

私の中の勝手なお金いじめを抹殺しているところです。

 

お金は、空気で、愛ですから!わら

 

 

他にも沢山たくさんあります。

 

次に つ づ く !!

 

 

うぴ